『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは<三人称>で考える』1

公開日: 

ビジネスをしていくのには

三人称以上の視点・思考が必要です。

この本にも書いてあるのですが、

「三人称」視点および「多人称」視点を身につける方法は

まずは知識として理解し、

次にその理解を実際の行動に移してもらう

 

ということで、人称という知識とそれをどうすれば身につけられるのかを

この本から抜粋していこうと思います。

ただ、人称視点を考えるとき

一人称視点や二人称視点が悪いわけではありません

立場によって違うだけ

一人称視点は職人的仕事に求められる視点で

スペシャリスト、特殊技能者

二人称視点は現場に求められる視点で

現場スタッフ

三人称視点は現場のリーダー(主任~課長)に求められる視点で

現場のリーダー 課長~主任

そして、この本が目指しているものは

「自分の中のもう一人の自分」をさらに成長、進化させ、常に組織から求められている人称視点でものごとを判断していけるよう、その視点や思考でいることを習慣化、日常化していくということ

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑