数字のセンス

公開日:  最終更新日:2019/01/02

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』エピソード7

数字に弱くても「数学のセンス」があればいい  ー数字のセンス

「数字のセンス」を持っていますか?
〇数字のセンス=物事をキチンと数字で考えることができるかどうか
〇数字に弱くても(数学が苦手でも)、センスがあれば会計は使える
〇会計における計算の99%は加減乗除のみ
〇しかも、必ず電卓を使用する(電卓は会計士の3種の神器)
数字をもとに分析するためには
〇会社の状態を見るうえでいちばん注目すべきは、「去年との比較」
〇分析の基本型 ⇒まずは割り算をして「1単位あたりいくらか」を出し、次に「比較」して力の流れを見る
〇分析の極意 ⇒ある特定の数字を定期的におさえる
〇優秀な経営者は、会計は苦手でもおさえるべき数字はちゃんとおさえている
〇状況や立場によって、おさえるべき決算書の数字は変わる
〇すべての数字を均等に見ようとすると、わけがわからなくなる
「数字のセンス」を身につけるためには
〇日々の生活の「ちょっとした数字」にも気を配る
〇あらゆる数字の背後にある「意味」を読み取るようにする
ここで大事なのは「数字のセンス」
数字のセンス=物事をキチンと数字で考えることができるかどうか
会計に必要なのは数字に強いことではなく、センスがあること
電卓が三種の神器なんて 笑っちゃいます
いえ、安心したというべきですか (笑)
加減乗除 つまり、小学生でもできるってことですから
あとは自分にとって大事な数字を追いかけていくこと
それなら、主婦は大得意
だって毎日 大根の値段の変動とかはバッチリわかりますもの
同じようにポイントとなる数字を知っていればいいということ
たとえば、当期純利益とか、自己資本比率とか、増収比率、フリー・キャッシュ・フローなど
案外簡単なのかもしれません
さて
「数字のセンス」を磨くためにどうしますか?
自分も幸せ 家族も幸せ お客様も幸せ
幸せ主婦起業
今日も 笑顔いっぱいの一日を (^^)/
メルマガではもう少し詳しく書いています。
「すまいるすごろく50人無料セッション」をしています。
ご興味のある方はメッセージでご連絡ください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑