はじめの一歩を踏み出そう3 事業とは

公開日:  最終更新日:2019/03/14

いまさらですが、事業って何だと思いますか?

goo国語辞典によると 事業とは

 生産・営利などの一定の目的を持って継続的に、組織・会社・商店などを経営する仕事。「事業に手を出す」

 大きく社会に貢献するような仕事。「宇宙開発事業」「慈善事業」

『はじめの一歩を踏み出そう』の著者 マイケル・E・ガーバー氏はこう言っています。

人が成長するように、事業も成長することが当然と思われている。そして、成長には変化を伴う。

そして、こうも言います。

起業の目的は、仕事から解放されて、他の人たちのために仕事をつくりだしてあげることなんだよ。

別の言い方を言い方をすれば、個人の限界を超えようとすることかもしれない。そうすることで、これまで満たされていなかった市場のニーズを満たす何かをつくりだすことができる。

起業すると 最初は個人事業主でひとり親方だと思うんです。

他の人たちのために仕事を創り出すという発想は私にはありませんでした。

でも、市場のニーズを満たす何かをつくるだすことは新たな仕事になります。

 

神田昌典さんは「成長カーブの法則」(『稼ぐ言葉の法則』より)で

「人間も事業も、同じカーブを描いて成長する。」

「『導入期』『成長期」そして『成熟期』の期間は、ほぼ同じになる」と、言っています。

『はじめの一歩を踏み出そう』 PARTⅠでは、

事業が成長する様子を幼年期、青年期、成熟期の三段階に分けて書いてあります。

 


せっかく起業するのなら、事業を成長させて成熟期にいきましょう

 

起業家は未来に住む人

 

未来のために準備するものは何ですか?

 

自分も幸せ 家族も幸せ お客様も幸せ

幸せ主婦起業

今日も 素敵でミラクルな一日を(^^)/

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑