はじめの一歩を踏み出そう5 事業の試作モデル

公開日:  最終更新日:2019/03/14

「事業」の試作モデルとは

「顧客が望むものを提供しながら、どのようにして収益を確保するのか?」の答えで、起業家のアイデアがどのくらい有効なのを、机上の空論ではなく、現実世界でテストする場所でもある。

・起業家にとっては自分の夢を形にする手段である。

・マネジャーにとってはルールが決まり、計画や管理がしやすくなる。

・職人にとっては、自分が得意な分野の仕事に打ち込むことが可能になる。

・スモールビジネスのオーナーは三つの人格のバランスを取りながら、事業を創り上げることができる

事業の試作モデルに必要な六つのルール

  1. 顧客、従業員、取引先、金融機関に対して、いつも期待以上の価値を提供する
  2. 必要最低限の能力でもうまく経営されている
  3. 秩序だてて組織が運営される。
  4. 従業員の仕事内容はすべてマニュアルに記載されている。
  5. 顧客に対して安定した商品・サービスが提供される。
  6. 建物や設備、制服についてのルールが定められている。

 

自分も家族も周りの人たちも犠牲にすることなく、事業をするためには

事業の試作モデルをつくるといいようです。

 

自分も幸せ 家族も幸せ お客様も幸せ

幸せ主婦起業

今日も あなたの夢に一歩近づく一日を(^^)/

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑