はじめの一歩を踏み出そう2 起業が失敗する理由

公開日:  最終更新日:2019/03/14

今回は はじめの一歩を踏み出そうの2回目

 

起業に成功する4つの条件

ポイントその1 大半の起業家が失敗に終わる理由を知る

ポイントその2 成功率の高いフランチャイズビジネスから学ぶ

ポイントその3 一流企業のように経営する

ポイントその4 毎日の仕事で実践する

(『はじめの一歩を踏み出そう』(マイケル・E・ガーバー著原田喜浩訳 世界文化社刊)はじめに どうして多くの人が起業に失敗するのだろうか? より)

まずは PART Ⅰ失敗の原因を知る

起業熱からすべてが始まる

誰でもが必ず陥るワナ

致命的な仮定とは・・・「事業の中心となる専門的な能力があれば、事業を経営する能力は十分に備わっている」

事業の中で専門的な仕事をこなすことと、その能力を生かして事業を経営することとは、まったく別の問題である。

―中略―

たいていの起業家は、予想もしなかった仕事に追われて、本業に手が回らなくなってしまうのである。

起業すると

専門的な仕事だけでなく、事務仕事とか人を雇って仕事を分担するとか、今までしたことのないこともあるということ。

確定申告もしないといけないですし・・・

でも、最初起業しようと思った時には、私はそんなこと知らなかったです。

著者のマイケル・E・ガーバー氏はこう言っています。

私は、事業を立ち上げようとする人はみんな三重人格者だと思っている。「起業家」「マネジャー(管理者)」「職人」の三つの人格を持っていて、どの人格も主役になりたくてうずうずしている。

 

あなたは経営するとはどうすることだと思いますか?

 

主婦だって、家庭を経営しています。

どんな家庭を経営していきたいですか?

 

自分も幸せ 家族も幸せ お客様も幸せ

幸せ主婦起業

今日も 楽しい一日を(^^)/

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑