学習とは点と点を結んで線と面をつくること

公開日:  最終更新日:2019/01/02

最近
茉莉花官吏伝という小説に はまっています。
後宮に仕える女官 茉莉花
彼女は やたら記憶力がいい
普通 記憶がいい人は頭がいいと人に思われます。
ところが
茉莉花は ただ記憶がいいだけ
周囲に勝手に期待され失望されてきたので
ひっそりと目立たないことを
信条にしています。
ところが
ひょんなことから皇帝に天才だと見いだされ
自分は望まないのに
官吏になるための学校へ送り込まれ
勉強することになります。
そこで
勉強の方法を家庭教師の人から教わっていきます。
家庭教師のしたことは
まず 茉莉花が自分から勉強したいから教えてほしいといって来るまで待つ
(自分に学ぶ意思がないと無駄だってことですね)
次に 茉莉花は写真のように脳へ記憶するので
 (まるでフォトリーディング)
膨大なこれから必要な知識を詰め込みます。
茉莉花にとって
どんな知識もただの点
最後に 点をつなげて線にし、
面にしていく方法を教えました。
初めて
茉莉花にとって
知識が意味のあるモノになりました。
単独では意味のない知識が
ほかの知識とつながって
初めて意味を成す
まさに
脳内の神経細胞がシナプスを介してネットワークを作り
脳内の地図が出来上がる
そういうことだと思います。
あなたが幸せになるために どんな知識や体験をつなげて あなただけの宝の地図にしますか?
自分も幸せ 家族も幸せ お客様も幸せ
幸せ主婦起業
今日も たのしい一日を (^^)/
メルマガ「【幸せ主婦起業】小金持ちから始める開運主婦起業ストーリー」の購読申し込みはこちら

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑