「下町ロケット」と「陸王」で考える連結経営

公開日:  最終更新日:2019/01/02

こんにちは。

幸せ主婦起業ナビゲーター
花房康子です。

 

   

 

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』エピソード1によると

企業は継続することが大前提

継続するためには利益を出すことが必要

 

利益=収益(売上)-費用

利益は売上を増やすか 費用を減らすしかない

 

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』エピソード2は

連結経営のことがかいてあります。

 

商売はつなげて考える(「連結経営」)

〇本業だけで儲ける必要はなく、副業で利益を上げれば商売は成り立つ

〇本業と副業はバラバラになってはいけない。つなげて考えるのが鉄則

〇連結経営=本業に密接にかかわる副業を行うこと

〇企業は、「相乗効果の高い事業」「自社の技術を生かせる新規事業」を常に探している

〇「週末起業」は連結経営の考え方⇒個人の副業も、つなげて考えるのが鉄則

 

池井戸潤さんの小説でみてみると

分かりやすいです。

 

今テレビでしている「下町ロケット」だと

佃製作所がロケットエンジンのバルブを作るのが本業

人工心臓用バルブや農業用のトランスミッション開発は副業

 

ロケット事業をしている帝国重工が

新規事業で無人農業ロボットを作るのは

帝国重工が打ち上げた大型ロケットによって

宇宙に運ばれた準天頂衛星ヤタガラスを使うから

 

「陸王」だと

老舗足袋製造メーカー「こはぜや」が

これまでの足袋製造の技術力を生かし、

「裸足感覚」を取り入れたランニングシューズを開発

 

これはつまり

ランニングシューズを作ることは

「こはぜや」にとって

「自社の技術を生かせる新規事業」であり、

下降傾向にある「足袋」製造を支えるために

将来に希望が持てる「ランニングシューズ」で利益を得るということ

「足袋」と「靴」という本業に密接にかかわる副業だということ

 

 

主婦にとっても

この連結経営の考え方は

参考になると思います。

 

週末起業は「連結経営」の考え方だそうですから

ご自分の本業に差しさわりのないものを考えてみることもいいかも

 

あなただったらどんな副業を考えますか?

 

小物を趣味で作っている方が

メルカリで販売するのは副業?

かもしれませんね

 

自分も幸せ 家族も幸せ お客様も幸せ
幸せ主婦起業
今日も 笑顔いっぱいの一日を (^^)/
メルマガ「【幸せ主婦起業】小金持ちから始める開運主婦起業ストーリー」の購読申し込みはこちら
「すまいるすごろく50人無料セッション」をしています。
ご興味のある方はメッセージでご連絡ください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑